TOPICS

・InterRace株式会社の新規事業紹介
・日本随一の会社で経験した契約書管理の課題
・NINJA SIGNの魅力とは?

InterRace株式会社の篠原さん、川井さんをゲストにお呼びしました。NINJA SIGNの導入を決断した篠原さんは、日本随一の企業で大量の契約書との戦いを繰り広げてきた百戦錬磨。また同席いただいた川井さんは実際に実務で活用されているということで詳しくお伺いしていきます。

【InterRace株式会社】

篠原さん(左) 川井さん(右)

URL:https://inter-race.co.jp/

御社の事業の特徴を教えてください

弊社は、新たな転職の形で企業様の人材のお悩みを解決する事業に取り組んでいます。

 

簡単にご説明すると、「社会人版のインターン」というイメージです。

 

本来、転職は、数回の面接を通して採用の可否を判断致しますが、それだと実際に転職希望者の能力を把握することができません。

 

本質的に企業の力になれる人材かどうかを判断するにも通常の面接だけでは図ることができないという課題があると考えています。

 

そのような課題を改善すべく社会人版のインターンを企業様にご提案し、実際に新しい採用方式としてご活用いただいています。

過去に大量の契約書を扱ったご経験があるとのことですが詳しく教えてください

前職は大手人材会社でして、そこでは特にたくさんの契約書を取り扱っていましたね。

 

営業ごとにフォルダを作り、紙の契約書をキャビネットで管理していたので、 管理がかなり大変だったことを覚えています。

 

一度きりのご契約の場合もあれば、何度も契約を結ぶ企業様もいて、毎度企業様ごとの契約書の雛形を探し回るという手間がありました。

 

お取引きする企業が特に多かったので、何度も探し回っていました。

 

転職後、NINJA SIGNを導入されましたが契約書の取り扱いはどう変化しましたか?

とにかく契約書の管理が楽になったので、圧倒的な業務の効率につながっています。

 

NINJA SIGNを導入する前は、ひな型の用意はしていたものの、実際の契約は企業ごとに変えている部分があったので、変更部分の確認に特に時間がかかっていました。

 

「この会社の契約まわりどうなってたっけ?」と毎度毎度、川井さんに探してもらっていたので、実際大きく苦労をかけていたと思います。

 

導入してからは、パソコン上ですぐに確認することができるため、かなり効率がよくもう手放せないサービスですね。

 

より具体的なお話は実際に業務で使用されている川井さんからもご回答させていただければと思います。

 

【NINJA SIGNを使われてからどのような変化があったのか教えてください】

先の篠原さんの話にもありましたが、とにかく契約書の管理は大変で、私も苦い思い出がたくさんあります。

 

前職はブライダル系の会社に勤めていましたが、どの会社にいても契約書の管理には細心の注意が必要ということは変わらず、解決できずにずっと顕在化している課題であると認識していました。

 

この会社でも、書類が散乱しており、書類を探すのに時間がかかっておりましたが、NINJA SIGNに切り替えることで大きく変わりました。

 

また、捺印製本・郵送~管理までの工程も短縮され、体感で毎度20分の作業が、5分程度に短縮されましたね

 

まだ新規事業という位置付けでサービスをどんどん広げていくというフェーズの中で、NINJA SIGNのようなやりたいことを柔軟に形にしてテンポよく契約締結することができるサービスがあることは大変心強いと感じています。

 

ベンチャー企業同士の商談であればテンポ感が早いためNINJA SIGNを活用すれば即日契約締結を結べます。

 

スタートアップ企業には是非NINJA SIGNはおすすめしたいですね。

 

電子契約が生まれ徐々に認知広がりましたがその点いかがでしょうか?

業務効率が明らかに上がるSaaSなので、これからもどんどん導入企業が増えていくと思います。

 

大手企業の場合は、簡単に導入することは難しいかもしれないですが、日本の全ての会社で電子契約が導入されればいいなと感じています。

 

NINJA SIGNがアップデートされていく様子を日々見れているので、電子契約の最先端を見れている感覚がとても楽しいです。

 

当たり前になるのは時間の問題かと思いますが、それまでは自分たちから電子契約の有用性を取引先に提案していきたいと思います。